ページの先頭です
メニューを読まずに本文へ移動します
 
 
ここからグローバルナビゲーションです
 
ここからローカルナビゲーションです
 
  • 2020年8月26日

令和2年 秋季彼岸供養会について

新生佛教教団では、春と秋の彼岸と盆にご先祖の合同供養会を営んでいますが、現在、新型コロナウイルスの感染拡大の状況にあり、自主的に教団関係施設の一部閉鎖をしているところです。

このため、今年の秋季彼岸供養会は、9月6日(日)10時から、教団本部より指定した人のみで挙行いたします。また、前夜法座は実施いたしません。
信者の皆様は以下の手順で供養してください。

塔婆の受け取りは、基本的には地区道場が再開されてから行ってください。
墓参については急がず無理をしないで適宜行ってください。

※ TV中継は各法務道場へ実施しますが、各地区では参会者が3密を避けるなどの対策を講じて運営しますので、事前にご確認をお願いします。


信者の皆様の供養方法について
9月6日当日の午前10時に自宅のご宝殿に向かって『信仰の指針』(※読経箇所は後日ご案内します)を読んで供養してください。

今年の春季彼岸供養会に参会の指定をした人について
・教団本部役員等
・本部法務師
・代議員会会長、及び山口県内総支部長
・山口県内各地区役員(人数指定あり)
・その他(指定した運営協力者)