ページの先頭です
メニューを読まずに本文へ移動します
 
 
ここからグローバルナビゲーションです
 
ここからローカルナビゲーションです
 
  • 2014年6月30日

自民党本部で教団副代表が講演 - 伝統・文化を守る行動を呼びかけ

 自由民主党の「歴史・伝統・文化に関する連絡協議会」(竹下亘会長、中根一幸事務局長)の役員会が611日に、東京・永田町の自民党本部で開催されました。

20140611_JIMIN_KYOIKU.jpg

 山口教団副代表役員が、「建国記念の日 奉祝式典は政府・国会主催で!」-伝統・文化を守る行動を-、と題して、講演を行いました。わが国の祝日の意味から掘り起こし、建国記念の日を政府主催で開催する必要性を説明するとともに、伝統・文化の伝承の場としての日本的家族の価値の見直しを主張しました。聴講した国会議員の皆さんからは、「"目から鱗"のたとえがぴったりの内容だった」などと大きな反響がありました。

 講演にあたり使用されたレジメの一部を以下のリンクからダウンロードできますので、ご覧ください。


自民党歴史伝統文化協議会レジュメ